宮城・仙台アニメーショングランプリ

結果発表

宮城・仙台アニメーショングランプリ2017審査結果

受賞作品紹介 応募者一覧

宮城・仙台アニメーショングランプリ2017 受賞作品紹介

「グランプリ」1作品、「優秀賞」4作品、「特別賞」1作品の計6作品です。

グランプリ
宮城・仙台アニメーショングランプリ2015自由課題 グランプリ 『乱波』
作品名:White Fireworks

©土海明日香
この作品を見る(YouTubeへリンク)

ストーリー

戦時中のある冬の夜、寒い工房の中で製造士は手榴弾を作っていた。
たくさん作った手榴弾のうち一つに魂が宿ってしまう。
「君を作ってしまってすまないね。好きなように生きるといい」
自分の存在意義に悩む手榴弾の坊やは、幸降りしきる中森の奥へ消えていった。
やがて戦争は幕を閉じ、夜空に美しい花火が打ち上がる。

受賞者

土海 明日香
山形県出身。東北芸術工科大学映像コース卒業。大学入学後からアニメーションを制作し始める。
一枚絵としての魅力を大切にしつつ、自分の求める空気感、光と影、感情を模索している。

受賞者コメント

この度は素晴らしい賞を頂き誠にありがとうございます。
制作が一時中断しつつも、色んな方々に助けられながら完成させた作品です。
童話のような世界観で多くの人に楽しんで頂けるように、また、
手榴弾というキャラクターをいかに可愛く描くか考えながら作りました。
悲しいストーリーですが、何か感じて頂けたら幸いです。

審査委員コメント
  • 今回の数多くの質の高い応募者から選ばれた作品だけに、素晴らしい作品です。作者は2010年にこの宮城、仙台アニメーショングランプリでグランプリに選ばれました。そのときより更なる力を磨き挑戦してくれて大変うれしいです。おめでとうございます!【布川】
  • テーマ、ストーリー、キャラクター、ムード…すべてが絶妙にバランスしており、極めて完成度の高い作品になっています。 今後の活躍を期待したいと思います。【森】
  • セピアトーンのアートが美しい!!発想のユニークさもアニメーションならでは。高いクオリティ!!【丸山】
  • グランプリ受賞、おめでとうございます。テーマとストーリーに一体感があり、製造士と手榴弾の坊やを使って、アニメーションでうまく表現されていました。今後のご活躍を期待しています。【西浦】

優秀賞/一般部門
宮城・仙台アニメーショングランプリ2015自由課題 優秀賞/一般部門 『Decorations』
作品名:ニワトリ物語
~育む時の中で~

©アニメーション・音楽/篠原健太
この作品を見る(YouTubeへリンク)

ストーリー

とある森の湖畔にひっそりと暮らす、にわとり夫婦。 二人の間に生まれる新しい命の息吹。しかし、そこへお尋ね者がやってきました。 にわとりパパは家族を守るため、気の休まるときがありません。

受賞者

篠原 健太
愛媛県出身。大阪芸術大学附属大阪美術専門学校を卒業し、現在は株式会社TYO ドワーフのアニメーター。

受賞者コメント

素晴らしい賞をいただきありがとうございます。2012年にも表彰していただきましたが、あれから5年。宮城仙台アニメーショングランプリを継続するために尽力を尽くしていらっしゃる方々に感謝するとともに、この先も盛り上がっていくことを願います。

審査委員コメント
  • 家族を外敵から守るため悪戦苦闘する親鳥のスト―リーをアナログな表現で描いた作品です。外敵とのやりとりなどが大変ユーモラスに表現されタイミングの取り方も素晴らしく、この作品を見たこどもたちの笑顔が想像できます。【布川】
  • 思わず作品へと観る者を引き込まれてしまう巧妙なストーリー展開が、素朴な映像表現とともに味のある作品を構成しています。
    でも、子どもたちにはちょっと長いかも。【森】
  • 音楽、動き、堂々たる作品。以外にアート寄りのビジュアルも素晴らしい。カメさんに惚れた!【丸山】
  • 優秀賞受賞、おめでとうございます。登場するニワトリやその他の動物が切り絵のストップモーションで、ユーモアを交え、時には緊迫感を織り交ぜて表現されており、楽しい作品でした。今後の飛躍を期待しております。【西浦】

優秀賞/一般部門
宮城・仙台アニメーショングランプリ2015自由課題 優秀賞/一般部門 『ボンとハレトモ~古代遺跡で大慌て~』
作品名:「新世界・海」序章

©Yoshihito Mori
この作品を見る(YouTubeへリンク)

ストーリー

遠い未来、海が地球のほとんどの陸地を覆い、人類は海の生き物達との共生を余儀なくされて久しい日々の生活を描いています。漂流する紳士は古い文明の象徴で、機械仕掛けの船が難破し筏で漂流していますが、新世界の住人達は誰も助けようとはしません。空にはクジラやマンタが飛び回り、昔ながらの帆船も重要な交通手段の地位を守っています。クジラやマンタの背中から出ているのは、無害の水蒸気です。有害な煙ではありません。

受賞者

森 芳仁
昭和54年3月 京都市立芸術大学美術学部西洋画専攻科修了
昭和54年3月スペイン・ESCOLA D'ARTS APLIGADES ID'OFICIS ARTISTICS"LLOTJA"版画科修了
平成6年〜平成23年 公募展団体 国画会絵画部会員
平成26年3月姫路日ノ本短期大学教授デジタルイラスト・アニメーション担当 任期終了

受賞歴
2007・08 2007・08東レデジタルクリエイションアワード TORAY 主催
2014 2015 2016アジアデジタルアート大賞展FUKUOKA 入賞  福岡市
2016 にいがたデジコングランプリ2016 奨励賞 新潟市

受賞者コメント

この度は、優秀賞をいただき、ありがとうございます。
また、自分の作品を発表する機会を得れたことを、嬉しくおもいます。
長く絵画を描いてまいりましたので、絵画の様なテイストの動画を目指しております。
テーマに関しては、60歳を過ぎた者が取り組むべきテーマがあるものと考えております。

審査委員コメント
  • 今まで見た事も無い不思議な世界をファンタジーに表現され、技術的にも優れた作品です。ストーリー性はありませんがしばらくこの映像を見つめてるとストーリーが浮かぶような気がしてくる作品です。【布川】
  • 明確なストーリーはないものの、淡々とした映像の中に、観る者がいつの間にか物語を探していることにふと気づかされるという不思議な構造を持った作品です。【森】
  • 素晴らしいデザイン。欲を言えば、もう一展開が欲しい(早く見たい)【丸山】
  • 優秀賞受賞、おめでとうございます。クジラやマンタが飛び回る新世界。アニメーションならではの世界観を感じ取ることができました。今後の展開を期待しています。【西浦】

優秀賞/宮城のあした部門
宮城・仙台アニメーショングランプリ2015自由課題 優秀賞/学生部門 『りんごごりんご~おかえりわたし~』
作品名:うさゾとポン吉

©Natsumi Kinebuchi
この作品を見る(YouTubeへリンク)

ストーリー

ある日うさゾはにんじんを見つけました。
半分食べて残りを持ち帰ろうとしたうさゾは、にんじんが無くなっていることに気づきました。

受賞者

杵渕 夏美
1995年埼玉県生まれ。2017年3月東北電子専門学校マンガ・アニメ科卒業予定。

受賞者コメント

この度は素晴らしい賞をいただき、誠にありがとうございます。
初めて作ったオリジナルアニメでこうした評価をしていただけて大変光栄に思います。
この作品は、キャラクターの動きで喜怒哀楽を表現しようと思い制作しました。二匹のウサギの感情表現を楽しんでいただけたらと思います。
作品の制作にご協力いただいた多くの方々に深く感謝申し上げます。

審査委員コメント
  • キャラクターを楽しく動かしてる感じが伝わる作品です。アニメーションもタイミングも学生レベルを超える作品です。【布川】
  • 若い作家の作品であるがゆえに、ブラッシュアップの余地はあるものの、くすりと笑いが思わず漏れる作品に仕上がっています。
    益々の精進を期待したいと思います。【森】
  • シンプルなデザインが良い!シンプル・イズ・ベスト!【丸山】
  • 優秀賞、おめでとうございます。普段ありそうな二匹のやり取りをキャラクターを動かせて、伝えることができていました。見る者にとっても、わかりやすい作品でした。【西浦】

優秀賞/宮城のあした部門
宮城・仙台アニメーショングランプリ2015自由課題 優秀賞/学生部門 『欒』
作品名:ためいき

©kubinokawa
この作品を見る(YouTubeへリンク)

ストーリー

小学生の男の子が恋をします。しかし、好きになったのは人気物の女の子、いつもクラスで1人でいる男の子からしたら高嶺の花でした。出るのはためいきばかりです。
『ためいきをつくと幸せが逃げるよ?』
じゃあためいき自体が幸せの塊なんじゃないの?という疑問から生まれた作品です。

受賞者

首の皮一枚 
聖和学園高等学校、総合実践コースメディア芸術系3年のクラス内で結成した阿部晃大、高橋静、中村魁人の3人で作ったチームです。

受賞者コメント

この作品を作り、優秀賞をもらえたことは、私たちにとってとても大きな自信になりました。自分の考えが他の人に受け入れられるというのは、やっぱり嬉しいです。

審査委員コメント
  • えんぴつで手描きしたアニメーションの古典的な技法で制作した作品です。それも一コマ、一コマ違った絵を描いたフルアニメーションで仕上げた作品です。画力もタイミングもまだまだですが挑戦した努力を買いました。【布川】
  • ハンドドローイングの本格的な作品。セリフはないものの、しっかりとしたストーリー展開もあって、作者の成長を楽しみにさせてくれます。【森】
  • アニメの基本の線画のセンスが優秀。【丸山】
  • 優秀賞、おめでとうございます。鉛筆書きが印象的な作品で、男の子と女の子の空気感が感じられました。今後の作品が楽しみになる逸品でした。【西浦】

特別賞/一般部門
宮城・仙台アニメーショングランプリ2015自由課題 優秀賞/復興部門 『The closet』
作品名:Reclaim

©2016 vanish
この作品を見る(YouTubeへリンク)

ストーリー

散らかっている部屋で、テレビに夢中になっている少年のもとに飼い犬が寄ってくる。構って欲しい犬に対して、「物を消す魔法」を口走ってしまう。
消してしまったことを後悔するが、テレビのセリフからヒントを得て、少年は消された物が集まる世界へ行く。
自分が粗末に扱っていた物に対し、きちんと対処すれば元の世界へ戻れることに少年は気づく。
無事、犬とともに戻ってきた少年は自ら部屋の片づけをし始めるのだった。

受賞者

vanish 
2015年 日本工学院 クリエイターズカレッジ CG映像科入学。Mayaを使用しての3DCGを学び、学部内の仲間で作品を作り始める。

受賞者コメント

このような賞をいただけた事を大変光栄に思います。3DCGによる初めての映像作品とグループでの作品制作ということで大変な部分もありましたが、「心の成長」ということを映像で表現できたと思います。

審査委員コメント
  • 技術的には他の応募者の方々には及ばなかったのですが、作品のテーマなどが充分伝わった作品です。今後はもっと表現力を学び新たなテーマにチャレンジしてください。【布川】
  • よく練られた物語と演出が、まだまだ成長余地のある映像表現をカバーし、小粋なショートフィルムに仕上がっています。
    数年後の成長が楽しみになります。【森】
  • シンプルなストーリー、シンプルなキャラクターが好ましい。大変でも動物(イヌ)は微妙な動きが欲しい!【丸山】
  • 特別賞、おめでとうございます。物を消す魔法。使い方次第では大変なことになると後から気づく、少年の心を短編作品の中でうまく表現できていました。今後の頑張りを期待しています。【西浦】
 

協賛

石ノ森漫画館 一般社団法人宮城県情報サービス産業協会(Miyagi Information Service Industry Association) 専門学校日本デザイナー芸術学院仙台校

主催:
宮城・仙台アニメーショングランプリ実行委員会

一般社団法人東北経済連合会 宮城県商工会議所連合会 宮城県商工会連合会 一般社団法人宮城県情報サービス産業協会 一般社団法人宮城県専修学校各種学校連合会 経済産業省東北経済産業局 仙台市 宮城県

共催:東北情報通信懇談会 

後援:経済産業省 総務省東北総合通信局 一般社団法人日本動画協会 NHK仙台放送局 TBC東北放送 KHB東日本放送 ミヤギテレビ 仙台放送 河北新報社 朝日新聞仙台総局 毎日新聞仙台支局 読売新聞東北総局 産経新聞社東北総局 日本経済新聞社仙台支局